株ほどにトレーダーが増えているFX

FX会社は身近なところであまり見かけないもので、証券会社のように一般的ではありません。でも、近頃の本屋では金融関係の出版物にはFXについて記事が掲載されていることが多くなっています。

株式投資ほどではないかもしれませんが、すでにFXで投資したトレーダーが数多くいるものと考えられます。FXは日本や外国の通貨を取引するものであり、日本円をアメリカドルに換えたり、イギリスポンドに換えたりして、その金利差や為替差益を得るための取引です。

安く買えるときに買って、高く売れるときに売るという一連の売買を繰り返すことで資産を増やしていくことができます。しかし、あてがはずれると、資産を減らしてしまうことがあるし、取引手数料が0円でもスプレッドでどんどん損してしまう恐れがあることで、リスクを伴います。

掛け金に応じてリスクの幅が大きくなり、おおよそレバレッジの倍率でリスクを調整してロスカットしないように建玉を保有、ときどき利益確定をします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です